STORY

ある雨の夜。高級クラブで豪遊する宗形組組長の宗形(哀川 翔)と武史(鶴見辰吾)、信也(RED RICE<湘南乃風>)は、敵対する竹下組の襲撃に遭い、重傷を負う。武史はこの抗争でムショ送りに。10年後、組は解散となり、宗形は武史の娘・日向(山本舞香)の世話をしながら、借金を抱え細々と運送業を営み、かつての栄光は見る影も無い。武史は晴れて出所の日を迎えたが、日向が前科者の父親に会いたくないと家出をしていたことを知り愕然。向かった先は家族の思い出の地“銭(ぜ)荷(に)島(じま)”。日向を追い、宗形、武史、信也、そして武史の元妻・桜(鈴木砂羽)は島へと向かう。一方、竹下組の吉田あきら(宮川大輔)が組のクスリを持ち同じく銭荷島へ逃亡、竹下組の面々(木村祐一、大悟<千鳥>、川島邦裕<野性爆弾>、中野英雄)も島へと向かっていたのであった。同じ頃、島では咳と高熱にうなされる謎の疫病が蔓延。どうやら吉田が独自に調合し島民に売りさばいていたクスリに原因があるらしい。自らもそのクスリを打った吉田は、謎の発作に襲われ命を落とす―が!!! 絶命したはずの吉田が突如蘇り、猛烈な速さで島民たちを襲い始め、島には“謎の感染者”が増殖、パニック状態に陥る。宗形ら、そして医者のしげる(風間俊介)、ナースの直美(シシド・カフカ)、警官の白川(窪塚洋介)、漁師の作田(般若)ら島民たちをも巻き込んでの壮絶な闘いの火ぶたが切って落とされた。宗形らは日向を捜し出し、生きて島を出られるのか―。竹下組との抗争はいかなる結末を迎えるのか。命懸けの闘いの行方は―。